キャンペーンファクトリー

The Campaign Factory platform

 
                     

"キャンペーンファクトリー" は、MPMジャパンが設計・開発したマーケティング分析・運用の専用プラットフォームです。
ビジネスパートナーが保有するデータを多角的に分析し、顧客の一人ひとりに合わせたアプローチを可能にします。
すでに確立されたアプローチがあったとしても、将来に向けたさらなる顧客中心のマーケティング活動を実践できます。

郵便や電話、窓口カウンターだけでは顧客へのアプローチは十分ではありません。
WEB、Eメール、最新のIT技術を使った新しいチャネルを活用し、それぞれのビジネスパートナーに合わせた
オムニチャネルマーケティングを行うことで、将来にわたって顧客との関係の維持、
効率的なマーケティング力を強化できます。

わたしたちはスケジュール、ドキュメント、予算、KPI、セキュリティなど複雑な要素を、
効率的に管理・運用し改善するノウハウを持っています。

商品をお客様の行動とリンクさせマーケティングアプローチを変えていきます。
行動パターンの変化はニーズの変化を意味します。
キャンペーンファクトリーを通して傾向やパターンを分析し、アプローチ方法を提案します。

キャンペーンファクトリーのリード(対象顧客)管理機能により
キャンペーンの収益性の改善、的確なリードの選定を実行し、営業拡販のサポートを行います。
データセグメンテーションと予測モデリングを融合させ、そこから導きだされた結論を複数チャネルに適用します。
わたしたちは限られた市場の中で、最もビジネスパートナーとの親和性の高い
アプローチが実践できるように、サポートを行います。

大量の顧客データに対して探索的分析を行い、また恒常的なセキュリティ管理と的確な運用を行うことで、
キャンペーンの成果向上に貢献します。
分析の手法には大きく分けて、セグメンテーションと予測モデルがあります。
最近流行している機械学習(マシーンラーニング)は予測モデルに含まれます。
MPMジャパンでは、予測モデルとセグメンテーションのどちらも活用し、マーケティング活動に生かしています。

セグメンテーション 予測モデル
コンセプト 顧客を同じ属性で分類します 将来の顧客の行動を予測します
手法 年齢や性別、家族構成、カード利用回数など同じ傾向を持つ属性で分類します
通常2~3個の分類、多くても5~6個が限度です
全対象者に反応しやすさのスコアを計算で求めて付与します
計算に使う変数に制限はありませんが、最終的に利用されるのは10~20個程度になります
目的 CRM(顧客との関係の維持・管理)
対象を大雑把に決めたマーケティング活動
対象者をグループではなく個人レベルで特定
マーケティングROIの最適化や顧客の特性把握

キャンペーンファクトリーが持つデータ処理機能、統計解析、データマイニング、マシーンラーニング機能を使うことで、
マーケティングプログラムを改善します。分析の出力結果を得るだけではモデリングは終了しません。
モデルの信頼性・安定性を評価し、さらにKPIを最大化させるリードの抽出パターンを検討することも重要です。

お問い合わせ